まるで絵画のようなアートが描ける!グラデーションアートセミナー

絵画のような四季の花を描くグラデーションアート


グラデーションアート」は、ものの光と陰を描くことで、リアルで繊細な表現ができる技法です。
この基礎が身につくと、四季折々のお花はもちろんのこと、動物や風景など、いろいろな絵にも応用が効きます。
最初は絵の具で練習しますが、ジェルでも同じ技法が使えます。
ちょっと難しそうに見えるかもしれませんが、コツさえつかめば、どなたでもできます。
漫画やイラストといった可愛らしいものだけでなく、大人っぽいアートも描けるように、表現の幅を広げませんか?

・アートが得意な方は他との差別化に
・苦手な方は克服に

是非おすすめです。

講師 荻原 ちとせ(オギハラ チトセ)
株式会社ローズビューティー 代表取締役(ネイルサロンRose、Roseネイルスクール代表)
バイオジェルシニアエデュケーター
CND シェラックエデュケーションアンバサダー

女性のためのキャリア支援、起業支援や、経営者支援のスクールを運営し、自ら講師を務めるかたわら、若者の就職支援や企業のコンサルティング 、セミナー講師などを務める。
ネイル歴20年、美大でテキスタイルデザインを学び、あらゆる花をデッサンしてきた技術を活かし、ネイルアートを得意としている。

1回目 グラデーションアート基礎・5枚花
2回目 小花・薔薇
3回目 マーガレット・コスモス
4回目 ハイビスカス・クローバー
5回目 もみじ・イチョウ・梅
6回目 紫陽花・パンジー
7回目 ひまわり・カーネーション
8回目 いちご・さくらんぼ・ぶどう
9回目 クリスマス(ポインセチア・ベル・松ぼっくり)
10回目 チューリップ・桜